●京阪・神宮丸太町駅より徒歩1分●京都市左京区・川端丸太町の審美・一般・小児・歯科・インプラント治療の歯科医院

●駐車場完備・平日夜8時まで診療●   
 ご予約・お問い合わせ・ご相談は 
 075-771-4913

TOP診療内容・時間ドクター紹介医院・設備案内アクセス



 
診療方針―policy―
コンサルテーション
   一般歯科
   一般歯科

診療内容―treatment―
カウンセリング

   一般歯科
   一般歯科
   一般歯科
 

   一般歯科



 
 





■歯周病について■

歯周病とは???
歯周病は歯茎や骨が細菌に侵される感染症です。
自覚症状がないままに進行するため、気が付いた時には骨が溶けてぐらぐらになってしまいます。
歯周病菌は糖尿病、心臓病など体全体の疾患にも大きな影響を与える深刻な菌なのです。
早期の治療で歯周病を防ぎましょう。

右のグラフは、「歯を失う原因」の率を表したものです。
歯周病によって歯を失う割合はむし歯に次いで多く、
痛みなどの症状がないため、気が付かないうちに進行してしまいます。
歯みがき時の出血、口臭が気になる場合など、一度検査を受けてみましょう。


■歯周病の経過を説明します。
口腔衛生の悪い状態が続き、プラーク(歯垢)が歯と歯茎の境目に付着すると、プラーク(歯垢)中の歯周病菌によって、歯茎に炎症が起こります。

健康な歯茎は歯とタイトに結合し隙間はありませんが、バクテリアの出す毒素により歯茎に炎症が発生し歯と歯茎との間の結合が失われ隙間(ポケット)が発生します。

一旦ポケットができると、このポケットには新たなプラークが侵入し、ブラッシングによっても簡単には取れません。

その結果、バクテリアにとって非常に好都合な環境が整い、次第にバクテリアは深く深く内部へ侵入し、ポケットが深くなり、周囲の歯根膜、結合組織そしてついには骨を溶かしていきます。

その結果、以下のような各種の症状が現れてきます。


  歯周炎の進行図(詳しくは以下の文中)
●歯茎から血が出る
●歯茎が時々腫れる
●口臭がある
●噛むと違和感がある
●歯がぐらつく
●朝起きると口の中が ねばつく
●歯並びが乱れる


 歯肉炎  初期歯周炎  中度歯周炎  重度歯周炎
■歯周病治療の原則はバイオフィルムの除去です。
バイオフィルムとは口腔内に存在する歯周病菌やその他の雑菌によって構成される細菌の膜で、これが歯の表面に強固に接着することによって歯茎に炎症が起こり、次第に歯周膜、結合組織、そして骨(歯槽骨という)へと炎症が波及し、組織を破壊していきます。

治療法には表に示すように多くのオプションがありますが、基本はバイオフィルムの除去ですから、毎日のブラッシングが非常に大切です。
歯肉の上のご自分で見える部分についてはご自身でクリーニングしていただく、
また、ご自分の目で見えない部分、つまり歯茎の下にある病変部は私ども歯科医師や歯科衛生士が担当する領域になります。(P.M.T.C.)
患者様と私どもの二人三脚によって初めて病勢が治癒にむかうのです。


進行
歯肉炎

初期歯周炎

中度歯周炎

重度歯周炎
状態 ・歯肉の軽い炎症 ・歯肉の炎症

・歯槽骨が少し溶ける
・歯肉の炎症

・歯槽骨が1/3~2/3溶 ける
・歯肉の炎症

・歯槽骨が2/3以上溶け る
症状の変化 ・歯みがき時に出血

・口臭

・寝起きに口内がねばねばする
・歯みがき時に出血

・口臭

・寝起きに口内がねばねばする
・歯みがき時に出血

・口臭

・寝起きに口内がねばねばする

・歯が少しぐらつく

・時々腫れる

・食事がしにくい 
・歯みがき時に出血

・口臭

・寝起きに口内がねばねばする

・歯がぐらつく

・食事ができない
治療 ・クリーニング
・歯石除去
・ポケット洗浄
・定期健診
・クリーニング
・歯石除去
・ルートプレーニング
・ポケット洗浄
・定期健診
・クリーニング
・歯石除去
・ルートプレーニング
・ポケット洗浄
・歯の固定
・定期健診
・クリーニング
・歯石除去
・ルートプレーニング
・ポケット洗浄
・歯周外科
・歯の固定
・再生療法
・定期健診
■歯周病の治療の流れ
具体的な治療の手順を説明します。

●レントゲン、歯周組織検査などにより診査、診断、カウンセリングの後、まず初期治療に入ります。
 ⇒ここではブラッシング指導、歯肉縁上、縁下の歯石除去、ルートプレーニングなどにより軽度の炎症を除去していきます。
 ⇒必要であれば、虫歯の治療、補綴処置を行います。

●次に再評価検査により、炎症が消退しない部分については歯周外科治療、または再生療法を行います。
歯周病による骨の吸収が激しく歯がぐらつく場合はそれぞれの歯を連結固定し歯の安静を保ちます。
以上の処置により炎症が消退し、十分に咀嚼できるようになればメインテナンスに移行し再発を防ぎます。

 

・診査/診断
・レントゲン診査
・細菌検査

歯周組織検査
初期治療:

◆ブラッシング治療
◆バイオフィルム除去
◆スケーリング(歯石除去)
◆ルートプレーニング
歯周組織再評価検査


歯周外科:

◆フラップ・キュレッタージ
◆歯周形成外科
◆再生療法

歯周補綴:

◆動揺歯の連結・固定
◆欠損部へのインプラント
◆ブリッジ、義歯

メンテナンス
■PMTCとは?

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
  プロフェッショナルケア

P.M.T.Cとは専門の歯科衛生士や医師によって機械を使ってバイオフィルム(細菌のかたまり)を除去しプラークコントロール及びクリーニングを行うことをいいます。

下の図のように器具を使って付着しているバイオフィルムを除去します。



■それでは、実際にP.M.T.Cとは何をすることでしょうか?

 ・染め出し(再度ブラッシングのチェック)

 ・歯面、歯間部、咬合面、歯周ポケットのバイオフィルムの除去

 ・研磨、および艶だし

 ・フッ素の塗布

以上のことを行います。

もちろん、清掃することにより歯についてステイン(茶渋等の着色)を除去することができ、定期的にP.M.T.Cを行うことによりプラーク(歯垢)、着色等つきにくくします。

また、歯周病菌の殺菌効果、虫歯菌の活動抑制効果、再石灰化の促進、歯質の強化などさまざまな効果があります。

歯の治療を行っている方はもちろん、健康な歯と歯ぐきを維持していきたいと考えている方すべてに必要とされている処置です。

 
詳しくは、ご来院の際にお問い合わせ下さい。



むし歯治療について⇒⇒



 Copyright © 2012-2019 KOJO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.