●京阪・神宮丸太町駅より徒歩1分●京都市左京区・川端丸太町の審美・一般・小児・歯科・インプラント治療の歯科医院

●駐車場完備・平日夜8時まで診療●   
 ご予約・お問い合わせ・ご相談は 
 075-771-4913

TOP診療内容・時間ドクター紹介医院・設備案内アクセス



 
診療方針―policy―
 コンサルテーション
    一般歯科
    一般歯科

診療内容―treatment―
 カウンセリング
 
    一般歯科
    一般歯科
    一般歯科
 
 

    一般歯科



 
 






 CONTENTS-診療内容 
 
むし歯や歯周病になるのはなぜでしょう?
日々のブラッシングが一番大切といわれていますが、
一般的に綺麗に磨けて60%のプラークしかとれていないのが現状です。
残りの40%は、定期的にプロフェッショナルなケアをしていくことで予防につながっていきます。
古城歯科クリニックは、患者様の大切な歯や歯周組織をむし歯や歯周病から守るアドバイスとお手伝いをしています。

 

■PMTC:プロフェッショナル・ケア
歯の色が悪いと言っても、原因はご自身の手入れが悪くて・・・という場合も少なくありません。
歯の表面に付着したタバコのヤニや茶しぶ、歯石により、歯の表面の色がすっかり変色してしまっているというケースがあります。
こういう場合には、いくらがんばって歯を磨いても効果がありません。

歯科医師と歯科衛生士による専門的な技術と器具を用いたクリーニングが必要です。
このような歯面清掃作業をPMTC(プロフェッショナル・ケア)といいます。
歯の汚れを取るだけでも、見違えるように白くきれいになり、むし歯や歯周病の予防にもなるのです。

  


■エアフロー
歯と歯の間や、歯の表面の細かい溝に付いてしまったタバコのヤニやコーヒーや紅茶などの茶渋といったがんこな汚れなどは、歯面清掃器「エアーフロー(Air-Flow」を用いて、さわやかなレモン風味の細かいパウダーと超微細なウォータースプレーとともに噴射することによって、これらの汚れを素早く除去します。


■歯の溝の封鎖によるむし歯予防(シーラント)

    
術前   術後 

奥歯の咬む面には深い溝があります。
食事をするとこの溝に食べ物がつまりやすく、溝の深い部分はブラシがうまくあたらないため、磨き残してしまうことがあります。
こうした磨き残しにむし歯菌が集まり、この溝の部分からむし歯になるケースがよくみられます。

そこで、むし歯になる前に歯の溝をプラスチックやセメントなどの材料でうめてしまいます。
これにより、溝の奥に食べ物が残る事が無くなり、ブラッシングもしやすくなるので、むし歯予防に有効です。
このような処置をシーラントといいます。



■歯質強化によるむし歯予防(フッ素洗口)
フッ素入りの洗口液で口をすすぐことにより、歯の表面にフッ素イオンを作用させ、歯質を強化するむし歯予防の方法です。
永久歯の萌出時期を通じて、継続して実施することにより、エナメル質表層のフッ素量を増加させ、歯質を強化します。
フッ素を歯につけると、以下のことが期待できます。

 1.フッ素は歯の表面から取り込まれ、歯を酸に強くします。
 2.ごく初期のむし歯は、カルシウムが沈着すると治りますが、フッ素はこれを助けます。
 3.フッ素はむし歯菌の活動を抑えます。



 Copyright © 2012-2019 KOJO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.