●京阪・神宮丸太町駅より徒歩1分●京都市左京区・川端丸太町の審美・一般・小児・歯科・インプラント治療の歯科医院

●駐車場完備・平日夜8時まで診療●   
 ご予約・お問い合わせ・ご相談は 
 075-771-4913

TOP診療内容・時間ドクター紹介医院・設備案内アクセス



 
診療方針―policy―
コンサルテーション
   一般歯科
   一般歯科

診療内容―treatment―
カウンセリング

   一般歯科
   一般歯科
   一般歯科
 

   一般歯科
   一般歯科



 
 





 CONTENTS-診療内容 


 ■インプラントとは?


歯科でいうインプラント治療とは簡単にいうと、歯が欠損している部分の骨に金属製(チタン)の人工歯根を埋め込み、その人工歯根を土台にして歯を作るという治療法です。
近年日本でもかなり広く普及している治療法で、入れ歯やブリッジ治療など従来の治療法に比べても機能性、審美性において優れ違和感もなくまるで自分の歯のような感覚でものを噛むことができます。



 ■インプラントの構造


一般的なインプラントは、
  
 ・土台となる人工歯根
 ・アバットメント(連結部)
 ・上部構造(人工歯


という3つのパーツで構成されます。

インプラントの材料は、咬合力に耐えられる強度があり生体親和性が高く、骨と自然に結合することから、チタン(あるいはチタン合金)が使用されています。
当クリニックでは後述しますが、より結合が期待されるストローマンの純チタン製インプラントを使用します。



 ■インプラント治療の流れ


インプラント治療は、歯が入るまでに最低でも数ヶ月かかります。患者様によってインプラントを埋め込みたい部位に充分な骨がない場合や重度の歯周炎であったりする場合には、それらの処置だけでも長い治療期間を要することがあります。
治療期間は一般的には長くなりますが、患者様個々の口腔内の状態によってそれぞれ異なりますので、
まずはご相談ください。


  1 診察と治療計画
 患者様の全身の健康状態や口腔内の状態の診察を行います
 ◆顎の骨の量と質を記録するため口の中の型を取り、レントゲン・CT撮影を行います
 ◆これらのデータを用いて、個々の患者様に適した治療計画を立てます

         

  2 インプラントの埋入と治癒
 ◆局所麻酔下での手術により、インプラントを顎の骨に埋め込みます
 
数ヶ月~期間をおき、インプラントと骨が結合する
 ◆治癒(結合・治癒期間は骨の健康状態、患者様の全身の健康状態によって各々異なります)

         

  3 アバットメント(連結部)の装着
 ◆インプラント部分の精密な型取りを行います
 ◆患者様に適したアバットメントを選択し、装着します

         

  4 人工歯の装着
 ◆アバットメントに適合し、患者様の歯の形と色に合わせた人工歯を作成します
 ◆口腔内にぴったり合うよう調整を行いながら、インプラントの上に取り付けます

         

  5 治療後の手入れとメンテナンス
 ◆歯ブラシは柔らかいものを使用し、天然歯と同様に歯磨きをしお手入れをしていただきます
 
インプラント治療をより長持ちさせるため、定期的にクリニックで歯科医師によるメンテナンスと検診を受けていただきます



 ■インプラント治療と従来の治療法との比較


    ・歯を1本失った場合
従来の方法(ブリッジ)  インプラント 
欠損した歯の両隣の歯を削り、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します

欠損した歯の部分の骨に人工歯根を埋め込み、人工歯を取り付けます
メリット

・治療期間が短い
メリット
 
・審美性が高く、天然歯に近い見栄えになる
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけない
・メンテナンスを行えば、長期にわたって機能と審美を維持できる
・あごの骨が痩せ細るのを防ぐことができる
・自然に噛むことや話すことができ、手入れもしやすい

デメリット

・両隣の歯が健康でも、削る必要がある
・削られた歯への負担が増加するため、将来的に両隣ともに駄目になるリスクがある
・歯が欠損した部分の骨が痩せていってしまう
デメリット

・手術が必要となり、治療が長期にわたる
・健康保険適用外の治療になる

    ・歯を数本失った場合
従来の方法(部分入れ歯)  インプラント 
金属などのばねを健康な歯にかけて使用します

欠損した歯の部分の骨に人工歯根を1本~数本埋め込み、人工歯を取り付けます
メリット

・治療期間が短い
メリット

・審美性が高く、天然歯に近い見栄えになる
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけない
・メンテナンスを行えば、長期にわたって機能と審美を維持できる
・あごの骨が痩せ細るのを防ぐことができる
・自然に噛むことや話すことができ、手入れもしやすい
・入れ歯と異なりしっかりと固定され、不快感がない

デメリット

・ばねが見えて、見た目があまり良くない
・ばねが健康な歯を傷つける恐れがある
・歯が欠損した部分の骨が痩せていってしまう
・違和感や痛みを感じることがある
・ばねをかける歯が健康でなければ使用できない
デメリット

・手術が必要となり、治療が長期にわたる
・健康保険適用外の治療になる

    ・歯を全て失った場合
従来の方法(総入れ歯)  インプラント 
総入れ歯を歯茎全体に被せて使用します。上顎の場合は、口蓋も覆います

顎の骨に数本の人工歯根を埋め込み、入れ歯を取り付けます
メリット

・治療期間が短い
・健康保険適用の入れ歯もある


メリット 
・安定感があり、手入れのために自分で取り外すことも可能
・審美性が高く、天然歯に近い見栄えになる
・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担をかけない
・メンテナンスを行えば、長期にわたって機能と審美を維持できる
・あごの骨が痩せ細るのを防ぐことができる
・自然に噛むことや話すことができ、手入れもしやすい

デメリット

・入れ歯の安定が悪いとずれやすくなる
・硬いものを噛むと入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがある
・味覚に影響することがある
・入れ歯安定剤などが必要となり、面倒
・顎全体の骨が痩せていってしまう
・入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まることがある
デメリット

・やや複雑な手術が必要となり、治療が長期にわたる
・健康保険適用外の治療になる



 
インプラントが必ずしも全ての患者様にとって万能の治療かといえば、そうとは限りません。
個々の患者様によって適した治療はそれぞれ異なります。
またインプラントの治療にもさまざまなタイプがあり、患者様の全身・口腔内の健康状態やライフスタイルによっても適した治療は異なってきます。
当クリニックでは、時間をかけてじっくり診察やカウンセリングを行った上で患者様に適した治療を立案します。



 Copyright © 2012-2019 KOJO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.